アトピー性皮膚炎の患者さんの日常生活の過ごし方について

アトピー性皮膚炎の患者さんの日常生活の過ごし方について

アトピー性皮膚炎の患者さんの日常生活の過ごし方について

大切な「4つの考え方」についてご紹介致します。

①皮膚の症状をどう受け入れるか

アトピー性皮膚炎は皮膚の症状があるため、他人と比べて、皮膚の状態に劣等感を抱く事があります。皮膚にアトピーの症状が重なると、黒いような赤いような色が混じって、ひどい状態に見えてしまいます。しかし周りを見渡し視野を広げると同じ様な悩みを抱えている患者さんも多い事が分かります。
自分だけ肌が汚い、何で自分だけがと一人で抱え込まないで下さい。外見にいろいろな特徴のある人でも素晴らしい人がいることを知ることが大切です。そのためには外に出て、いろいろな人と交流することでそれを実感することが必要です。また「患者会」など同じ悩みを抱えるもの同士で共有する事で気持ちが軽くなります。人がどう思うかばかりを気にしていて、自分の人生を台無しにしたらもったいないことです。実際、ほかの人は自分のことをそんなに見ていないものです。自分の出来る事や能力を発揮できる場所が必ずあります。自分が熱中できる何かを見つけ、それに取り組むことが大切です。

②痒みの考え方

アトピー性皮膚炎のつらさのひとつの痒みです。しかし掻いてはいけないと思うと余計にストレスが溜まり、気持ちが落ち込むものです。かゆい場合、皮膚へのダメージを最小限に抑えるために、常に爪を短くしておけば傷がつきにくいですし、爪を立てずに掻くなど工夫して、ストレスをためないほうがよいと思います。炎症がとれればかゆみもなくなるし、良くなった皮膚は多少掻いても悪化しないものです。多少は掻いてしまっても「また薬を塗って治せばいいさ」と多少の割り切りも大切です。掻いてはいけないと医師からも言われ、それでも掻いてしまう自分を責め、自己嫌悪に陥る人がいます。治療をしていけばかゆみはなくなっていきます。かゆみ対策をやってみましょう。貴方だけではなく、アトピー性皮膚炎を持つ患者は貴方と同じ様なジレンマや悩みを抱えながら日常を過ごしています。

③ひきこもりにならない事

アトピー性皮膚炎があることで、人から皮膚のことを言われて傷つき、外へ出られなくなっている人もいます。確かに外に出ることは、食事、花粉、発汗などによるアレルギー悪化の原因を増加させるため、できる限り家に引きこもって生活していることのほうがリスクは少ないかもしれません。しかし、楽であっても、日常生活で引きこもっていると、充実した人生を送る事ができるのでしょうか。このように家にひきこもり、うつ状態になる人もいます。精神科にも皮膚科にも行くことができず、症状の改善が見られません。精神科や皮膚科を受診して適切な治療を受け、生活のリズムを取り戻すことで少しずつ家から出て散歩をしたり、家族や友人と話すことが大切です。勇気を出して一歩ずつ前に向かって歩き出してみましょう。家族や多くの支えがあることを知り、新しい希望の光が見えてくることと思います。

④アトピー性皮膚炎を良くしていくために

4-1【悪循環】を断ち切る
過度のストレスや周囲の環境(乾燥・高温)→かゆみが増幅し掻いてしまう→新たな傷や、傷口が悪化する→皮膚の状態が更に悪化→気分が落ち込み、更にストレスが増える

4-2【好循環】を回す
傷口や皮膚がかゆくなってきた→ステロイド薬を使用→かゆみを抑える→傷口が修復する→肌の状態が改善する→傷口の痛みや皮膚に対する気持ちが前向きになる→今まで出来なかった事も出来るようになる→ストレスが軽減する

■まとめ

アトピー性皮膚炎は皮膚症状であることから、他人の目を気にして他人との交流に対して否定的になりやすい傾向があります。しかし、いつまでもネガティブに考えていても何も変わらないということもあり、よい意味で開き直ることも大切です。
アトピー症状の事を他人から指摘されるのは不快だし、傷つきます。しかし人間を総合的に見た場合、人生に何の問題も抱えていない人はいないはずです。アトピー性皮膚炎はたまたま目につきやすいだけです。自分の価値観やアトピー性皮膚炎を超えた所での自分の在り方を考えましょう。他人はアトピー性皮膚炎があってもなくてもその「人となり」を見て付き合っていくので、症状にとらわれなくても、アトピー性皮膚炎の前に人格ありきなのです。自分を否定せず、自分の好きなこと、得意なことに打ち込み、自分の可能性や良い所を見つけることで、自分に自信をつけることが大切です。明るい人、前向きな人は一緒にいて楽しいと思われるようになり、多くの人と交流できるようになるでしょう。人と比べることなく自分らしく生きることを目標にしてみると、アトピー性皮膚炎の有無に関わらず、必ず新しい世界が開かれてくると思います。