アトピー性皮膚炎について|体のつらい症状にお悩みのあなたへ

アトピー性皮膚炎について|体のつらい症状にお悩みのあなたへ

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の一番の症状は、湿疹による強いかゆみです。アトピー性皮膚炎の症状としては①「かゆみがある」②「特徴的な湿疹と分布」③「繰り返す」という3つがあげられます。
皮疹の特徴は急激に症状が表れる「急性病変」と「慢性的に症状が継続する病変」があります。ともに赤みのある湿疹、プツプツと盛り上がりのある湿疹、ジクジクと水分の多い湿疹、ゴツゴツしたしこりのような湿疹がよくみられ、掻くことによって皮膚が厚くゴワゴワした状態になったり、かさぶたができたりします。

一番の症状として主に、日常生活に支障をきたすような、湿疹による強いかゆみです。このかゆみにより皮膚をかきこわしてしまうと、皮膚の状態が悪化し、さらにかゆみが増すという悪循環に陥りやすくなります。
こうした湿疹のできる部位は、年齢によって変化します。アトピー性皮膚炎の患者さんのほとんどが、夜も眠れなくなるようなつらいかゆみを感じ、そして、そうしたかゆみが精神的なストレスとなっています。激しいかゆみがある湿疹が、身体の様々な部位にできるのがアトピー性皮膚炎です。
もちろん命にかかわる病気ではありませんが、慢性的な強いかゆみは、日常生活における不眠や、ストレスの原因になるなど、患者さんのQOL(生活の質)を著しく低下させるものです。最近は、子どもだけでなく、大人にも増えている病気です。

アトピー性皮膚炎の発症しやすい体の部位

湿疹ができやすい部位は特徴があります。一般的に子供のアトピーは主に関節部分に症状が現れます。一方で大人のアトピーは顔と首に限局して現れ、重症になると皮膚症状は全身に及び、治りにくいのが特徴です。
また個人差がありますが、顔、耳や首回り、わきの下やひじの内・外側、ももの付け根、ひざの表・裏側などに多くみられます。こうした湿疹のできる部位は、年齢によって変化します。多くは乳幼児の頃までに発症し、成長するにつれ軽快していく傾向があります。しかし、最近では、成人してから発症、再発する場合も多くなってきました。

1)乳幼児期

赤い小さな湿疹が、顔や頭部を中心に出現します。患部はじゅくじゅくと湿っぽくなりやすく、湿疹は水疱となり、かきむしるとつぶれてかさぶたに変わります。そして、再び刺激を受けると、また湿疹、水疱、かさぶたの過程を繰り返します。
症状の進行とともに、皮膚の表面は次第に乾燥していき、両頬や下顎部に痒みのある乾燥と紅斑あるいは紅斑性丘疹がみられます。これらは生後2~3ヵ月後に生じることが多く、少し遅れて被髪部や耳介周囲や後部(耳切れ)に、さらにその後躯幹、四肢にも症状が出現します。浮腫性で滲出性病変と表現される場合もあります。特に大切な事は、乳幼児期は痒みを言葉で訴えることができないので注意が必要です。

2)小児期

顔、頭に発赤、かさかさと皮膚がむけます。またかさぶたのように付着物が生じます。時間とともに体、手足にも広範囲に乾燥、赤みが出て、いずれも痒い状態が続きます。耳切れ(耳の付け根に亀裂)が生じる湿疹がひじやひざの裏側など、関節部にもできるようになります。全身の乾燥が目立つようになり、粉をふいたようになります。一般的には乳児期の皮疹が治癒せずに移行するものと、幼児期に乾燥性病変して初発するものに区分されます。幼児期から小児期に移行する例では病変が浮腫性紅斑で拡大する症状が主体です。また手の届きにくい部位には皮疹が生じにくい、など特徴があります。細菌やウイルスの二次的な変化を生じやすいといわれています。現在の3~15歳児の有病率は6%強であり、
その数は近年増加傾向にあります。

3)思春期から成人期

丘疹、苔癬化、乾燥症状が顕著で、痒疹結節が目立つようになり、顔面の紅斑・潮紅を伴います。一般に思春期から成人期は難治であると考えられています。このような患者では、頚部に色素沈着や、まゆ毛の外側の脱毛化であったり、下眼瞼内側の雛襞を認めることが多いです。湿疹が上半身を中心に多く出現します。また四肢にもできるようになります。乾燥した皮膚は赤みをおび、厚くかたくなります。顔や上半身の発疹を伴い、年齢を重ねるにつれて首と湿疹しわに対して一致して色素沈着が目立ちます。

■まとめ

アトピー性皮膚炎の症状一番の症状として主に、湿疹による強いかゆみです。また湿疹のできる部位は、年齢によって変化します。近年、アトピー性皮膚炎が増加しています。特に患者数もさることながら、顔面に皮疹を伴う難治例が増加していることは、アレルギー性疾患にかかわる多く皮膚科医や内科医が認めています。最近は、子どもだけでなく、大人にも増えている病気です。家族をはじめ、周囲の人たちのアトピー性皮膚炎に対する正しい理解とサポートが必要になります。長い時間を要しますが、必ずよくなると信じて、治療を続けていくことが大切です。